過去と他人は変えられない、と言うけれど。

自分でコントロールできないこと、「過去」や「他人」は変えられない。うん。わかる。

では、幸せになるためには、自分で何を変えることができるのだろうか。

(スタンフォード大学のバーグらの研究グループは、アメリカ西海岸に本社をおくテック企業149人を調査した。)

社員は、3つのキャリア開発セッションのどれかに参加した。それぞれ2時間のセッションであった。

主な学びのポイントは以下のとおり。

#1自分は変えられるセッション

自分の能力・スキルは変えられることを教える。今とありたい自分の能力・スキル考えてもらった。

#2仕事は変えられるセッション

仕事のタスク・人間関係は変えられることを教える。今とありたい仕事のタスク・人間関係を考えてもらった。

#3自分と仕事は変えられるセッション

上記の両方。

#発見

自分だけ、仕事だけ変えられるセッションに参加した社員は、6週間後に幸せが微増するも、6か月後にはまた減り、ほぼもとに戻ってしまった。

一方で、自分も仕事も変えられるセッションに参加した社員は、6か月後、大幅に(70%増!)幸せが増えていた。

つまり、自分の能力やスキルだけでなく、仕事の内容も変えられると思うことが、幸せに働くうえで大事

よく自分を変えたいとか、変えようとか言うけれど、「仕事の内容を変える」ことも加えるといいかも知れない。精神力だけでは限界があるかも。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being仕事スキル
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント