「優しい人は強い」は本当だった

一見、やさしい人が弱く、怒っている人が強そうに見えるが、実際に体の中で起きていることは逆だった。

ロンドン大学のレインらは、健康な参加者30人を集めて、怒りとやさしい気持ちが体にどんな変化をもたらすかを調べた。

怒り

参加者に今まで怒りを覚えた経験を思い出してもらい、怒りを5分間感じてもらった。
唾液検査を何度か行い、免疫の強さを表すS-IgA濃度の変化を調べた。

怒りを5分間感じた直後、免疫レベルは18%ほど一瞬あがったが、その後、もとのレベルより低くなってしまった。
もとのレベルまで戻るのに6時間かかった。

優しさ

参加者に自分にとって大切な人やものを思い出してもらい、やさしい気持ちを5分間感じてもらった。

やさしさを感じた直後、免疫レベルは40%ほど上昇し、その後も、もとのレベルより高い状態が6時間続いていた。

つまり、優しい気持ちを5分でも感じると、それは免疫を高めることになるのだ。

思い出すと笑顔になれる人を5分思い浮かべると良いかも。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント