今日知った言葉「予祝(よしゅく)」

今日はZOOM飲み会で、沖縄の方から「予祝」という言葉を教えてもらった。

予祝とは、祝福をあらかじめ予定して、前祝いしてしまうことつまり前祝い的な。

古代日本人は、お米がたくさん採れるように「お花見」を予祝としてやっていたそうです。へぇ~。

予祝のポイントは、喜ぶことで、まだ何も起こっていないのに、先に喜んでおけば、後からあなたの願いが引き寄せられてくるそうです!

予祝の効果(ゴルフ編)

ちなみに、その方はゴルフの平均スコアがこれまで108だったのが、練習しなくても100を切るようになったとのこと。

ゴルフで池が目の前にあると、「池に入れないように、、」と思えば思うほど池に入れてしまう経験は、ゴルフ経験者なら一度はあるはず。

でも、もうすでにグリーンに乗っているイメージで「予祝」すれば、池には落ちずに大丈夫。

また、ゴルフコンペで優勝することを「予祝」して、優勝スピーチまで考えておけば効果バッチリかも。

これって、何にでも使えるなぁと思う。

自分の希望する未来を、心の中で先に見て、その状況になりきって先に喜んでおけば、いい意味で脳をだまして結果を得ることができる。

スポーツではイメージトレーニングというものだと思うけど、日本語で「予祝」という言葉を知ったことは勉強になった。

自分が望む未来は、心の中で先取りして、結果を待たずに先に喜んでおこう。

つまり、幸せは手を伸ばして取りに行くものではなく、先に喜んでおけば幸せは向こうからこちらにやってくるイメージかな。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント