タモリの座右の銘は「適当」

タモリの座右の銘は「適当」だそうだ。さすがというか深いいと思う。

適当という意味には3つある。
1、ある目的や条件などにうまく当てはまること。→「この仕事には彼が適当だ。」

2、程よい感じということ。→「これ位が適当だ」

3、やり方が雑で中途半端なこと。→「適当にあしらう」「いい加減」

タモリが言う「適当」はどれにも当てはまるだろう。

この息が詰まりそうな社会で、失敗が許されず、何か発言するとすぐ炎上するような社会で生きていくためには「適当」でいいと思うし、そう思えば心の病気も防げるんじゃないかな。

タモリの師匠である漫画家の赤塚不二夫は天才バカボンで、バカボンのパパに「これでいいのだ!」と高らかに言わせている。

まさに、あるがまま現実を受け入れる姿勢だ。

ビートルズも「Let it be」(あるがまま)を歌っている。

人生はそんなに堅苦しく考えなくてもいい。肩の力を抜いて適当に生きてゆけば、それでいいのだ!

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント