おじさん、おばさん

言い方、呼び方次第で印象はずいぶんと違うもの。

例えば、「おじさん」「おばさん」と言う言葉はどうだろうか?

もし自分が人に言われたら、何も抵抗なく普通に受け止められるか、あるいは、失礼な!と心の中で思うのか?

おそらく多くの人は抵抗感があるのではないか。特に女性は傷つく人が多いような気がするが、どうだろう。

何が言いたいかというと、おじさん、おばさんはターゲットの年齢層がかなり広く、例えば30歳から60歳くらいの広がりがあることと、その言葉に敬意が含まれていないから、嫌な感じがするんだと思う。

海外では、レディとかマダムとか、ジェントルマンとか。敬意が含まれている感じがする。

私の地元では、おじのことを「おじ様」、おばのことを「おば様」と言う。ただ、これはあくまで親戚だが、敬意は感じる。

なので、おじさん、おばさん、に代わる日本語を考えることは、これから人生100年時代で大切なことではないか。

これからは、「おばさん、ハンカチ落ちましたよ」ではなく、「レディ(又はマダム)、ハンカチが落ちましたよ」というようにしてはどうだろうか。

敬意を持って人と接したいもの。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Beingジェンダー
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント