津波が襲ってきたら

津波が襲ってきたらどこに逃げるか?

高いところに逃げたほうがいいし、逃げなきゃだめだ。

津波を例えば人生で出会う様々な「困難」と言い換えたらどうだろう?

困難という津波が自分に襲いかかってきたら、どこに逃げるのか?
はたまた真正面から戦うのか?

逃げるなら、やはり高いところだろう。

ここでいう高いとは、目線を高くして、次元を高くして、起きている出来事を上から見下ろしてという意味。

困難が襲ってきた時は、ともすればそれに飲み込まれてしまって、狭い視野で袋小路に迷い込んでしまいがちだ。

ビルで例えると、1階で見ている風景と10階で見ている風景は違う。10階から見れば遠くまで見通せて、どうすれば良いか広い範囲で解決する道が見えるだろう。

津波に備えて非常訓練するように、心の困難が起きた時に備えて、高いところへ逃げる意識は大事だと思う。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント