不安が襲ってきたらどうするか

不安はちょっとしたきっかけで発作のように襲ってくるもの。

さて、そんな時やりがちなのは、自分の頭で「どうやったらこの不安を消すことができるのか」「何でこんな不安な気持ちになるのだろう?」「不安の原因がわかれば何とか抜け出せるはずだ」と自力で何とかしようとする方法。

または、誰かに相談して解決しようとする方法。

いずれも、何とか不安を小さくしたいと努力するのだが、その努力をすればするほど、ポンプを踏んで風船を大きくするかのように、不安は膨らんでいく。

こうした行為は結局のところ、不安という材料に火を注ぐものだからだ。人間はそういうからくりでできている。

だから、不安が襲ってきたら「ふーん、不安がやってきたみたいだ。コイツ(不安)はそれからどうするかじっくり眺めてやろう」と、分析も判断もせずに観察すれば、そのうち雲のようにどこかに行ってしまう。

このパラドックスを知っていると、人生という道を安心して歩けると思う。

これも、ウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント