自分に優しくすると成長する

自分に優しくする。でもこれって、自分を甘やかすことにならないか?

しかし、研究結果ではそうでもないらしい。むしろ自分に優しくすることで、むしろ成長意欲をうながすそうだ。

(以下抜粋)

セルフコンパッションの研究

カリフォルニア大学の研究グループは、103人の大学生に難しい単語のテストを10問解いてもらった。
実際難しく、平均正解率は4問であった。

テストの直後、学生に点数を伝えた。勉強してもらったのちに、もう一度テストを受けてもらった。
勉強する時間は学生が決めることができるようにした。

ひとつめのテストの点数を伝える際、3つの指示のうち、どれかをあわせて伝えた。

1自分にやさしくする:

「いまのテストが難しかったとしても、あなたは一人ではありません。このようなテストを難しいと感じるのは普通です。自分を悪く思わず、あまり自分を責めないように」

2自己肯定感を感じる:

「いまのテストが難しかったとしても、自分を悪く思わないでください。あなたはこの大学に入れたのだから賢いのです」

3特に何もしない:

とくに何も読まずに、次に進んでもらった。

自分にやさしくした学生の勉強時間は平均306秒、自己肯定感を感じた学生は229秒、何も指示がなかった学生は203秒だった。

自分にやさしくした学生が、難しいテストを受けたのちにもっとも長く勉強をした。

自分にやさしくしたら、甘えて怠けてしまうのではないか。
じつは、逆だった。

うまくいかなかったときに、自分にやさしくした方が、自分の間違いを素直に受け入れることができる。

そうすると、次は間違えないようにしよう、という健全な改善意欲が湧いてくる。
(抜粋終わり)

自分に優しく。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント