失敗したとき

誰しも失敗はするもの。重要なのは、失敗した後だ。

医療ミスによる死亡事故と、飛行機事故による死亡事故と比べると、圧倒的に医療ミスによる死亡事故が多いそうだ。

アメリカのハーバード大学の調査では、アメリカ国内だけで、毎年100万人が医療過誤による健康被害を受け、12万人が死亡しているとのこと。

これを飛行機事故に例えると、ボーイング747が毎日2機、事故を起こしているのと同じだと言う。

あるいは、2ヶ月に一度「9・11事件」が起こってるのに等しい。

一方、飛行機事故は100万フライトに0.23回にとどまる。

これは、失敗や事故の後に、どれだけ真剣に原因を究明して、再発防止に努めることが、医療業界と航空業界で違っているかを物語る。

いかに、失敗を教訓に変えるかが重要だと言うこと。

辛いことがあっても、そこから何かを学べば、失敗は失敗ではないと思う。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント