24時間テレビから学ぶこと

もう44回目になるんだ、、24時間テレビ。

この番組のコンセプトは、「福祉の実績や支援の必要性を伝え推進すること」らしく、1978年から毎年放送されているチャリティー番組。

番組の中では、様々な障害を持つ方が困難に負けず、周りの人々の協力を得ながら前向きに頑張っている姿を見て感動することも多い。

ただ、肉体の障害を持つ方々ばかりではなく、肉体は健康でも、心が病んだり、心が傷ついてる人も、必死に頑張ってる人がたくさんいるはずなので、こうした目に見えない病を克服しようとしてもがいている人にスポットを当ててもいいんじゃないかといつも思う。

そう言えば、募金も「スマホ募金」になってるし、番組の構成も時代に合わせて変えてみたらとは思うが、、

しかし、番組的には作るのが難しいか。。人の心の中は複雑で目には見えないし、他人には分からないもの。

前向きに頑張るために、まず大事なことは「心」の健康だ。

「心」が病んでいては、例え肉体的に健康であっても、イキイキと生きられない。

「心」が健康であれば、例え肉体的に病んでたとしても、イキイキと生きられる。

やっぱり、「心」を大事に育てることが大事。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント