人に認められたいという本能

生まれたばかりの赤ちゃんから、死ぬ間際の老人まで、人間はずーっと人に認められたい生き物なんだと思う。

自分の存在を誰かに認めてもらいたい、自分の価値を分かってもらいたい、これは人間の脳に埋め込まれた本能と理解したほうが良い。

この本能は結構強烈だ。

例えば、マウントしてくる人はそもそも自分に自信が無い→だから人を見下すことでしか自分のことを認められない。

人事の仕事をしているが、会社では自分の評価や人の評価が気になって仕方がない人ばかり。「なんであいつが自分より評価されるのか」とか、「自分は仕事ができる。もっと評価されるべきだ。」と。

兄弟姉妹の間では、常に「お兄ちゃんばっかり、、」「妹ばっかり可愛がって、、」等、絶え間ない。

そこで2つ提案

①気前よく人の重要感を満たしてあげよう。それは感謝の言葉。
「あなたの仕事はこんなにみんなの役に立ってます。ありがとう」「お手伝いしてくれてありがとう。お母さんはとても助かったわ」ちょっとしたことに感謝を示すことで、相手の認めて欲しい欲求にこたえることができて、人間関係は円滑になる。

②人に認めてもらえなくても一向に構わないほど、自分だけが楽しいと思うことをすること。
これは自己完結型だ。自分が楽しくて楽しくてたまらないことをやっていれば、自分が自分を認めているので、自分のことを認めてくれる他者は不要だ。

人が生きていくには、食べ物が必要なのと同様に、認めてもらうことが必要。

人間の本能を理解しておくこと。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント