諸行無常の強さ

あの日から11年。

人それぞれ想いはあるだろう。私は10Fの会議室で打合せ中に大きな揺れを感じ、歩いて階段を降りて道路を延々とあるいて会社に戻った。その後は承知の通り。

いつ何が起きるか分からない。まさに「諸行無常」だ。

諸行無常とは「この世の中のすべては常に変化している」という意味であり、 『平家物語』の冒頭「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」でもよく知られた言葉。 永遠に続くものなどないということ。楽しくて幸せな時間もいつかは終わってしまう。そういうとなんだか、はかない気持ちになるかも知れないが、むしろ今こそ、この言葉を大切にしたほうがいいのではないか。

 嵐は必ず去る。火は必ず消える。夜は必ず明ける。 今がどんなに苦しい状況でも、それが永遠に続くことはない。そう信じることが大切だ。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント