「愚か者は自身を賢者だと思い込むが、賢者は自身が愚か者であることを知っている」

これはシェイクスピアの言葉。

以前のブログにも書いたが、人間はなかなか自分のことを客観的に見れないもの。能力の低い人は自己評価が高く、実は能力がある人のほうが自己評価が低かったりする。また、自分には甘く、他人へは厳しいとか。

幸福になるための第一歩として、自分を客観的に見ることができる能力(メタ認知能力)を高めることが重要。

なぜなら、自分を客観的にみることができないと、例えば本当は幸せなことに囲まれて幸福なはずなのに、自分にはあれが足りないから不幸だと思ったり、他人と比べてあーだこーだと思ったりすることがあるから。

例えば、頭上の少し上のほうに浮かんでいる自分がいて、その自分が地上の自分を見下ろしているイメージで見つめたら、少し感覚が違ってくるのかもしれない。

客観的に自分を見つめること。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント