スマホはしまったほうがいい

この研究を読んで、スマホをなるべくカバンの中に入れるようにしている。

バージニアテック大学のMisra教授らの研究グループは、ワシントンDCのコーヒーショップに2人で訪れていた100組を調査をした。

まず、2人で10分間会話をしてもらい、その後にアンケートに答えてもらった。そして、2人が会話しているとき、スマホが机の上に置いてあったかを調べた。

発見 スマホが机の上に置いてあった2人組は、スマホをしまっていた2人組に比べて、相手とのつながりを弱く感じ、相手は共感をしてくれていないと感じた。

スマホを使っていなくても、机の上に置いたり、手にもっていたりするだけで、会話の質が低下することが分かった。 

iPhone効果と言うそうだ。

スマホを使っていなくても、ただ、そこにあるだけで、会話の質が落ちてしまうとのこと。こんな、損なことはない。スマホを見える場所に置いておくと、相手は、「この人は自分に関心があるのではなく、スマホをみたいのだな」というメッセージを暗に感じてしまう。

人は、相手の話を聞きたくないとき、ものをいじりたくなるもの。髪をいじったり、食べ物やコップに手を伸ばしたりして、相手への注意をそらそうとする。

スマホはしまったほうがいい。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント