人の本性は悪か?

戦争が起きている。。

人はもともと自己中心的だから、社会が助け合うことを教えないといけないのか。
人はもともと助け合うのだけど、社会がそれをダメにしてしまうのか。

じつは、この問いの答えは出ているそうだ。

性善説か性悪説か。

ハーバード大学のWarnekenらは、最近の研究をもとに、社会的な規範が教え込まれる前の小さな子供が、人助けをするかどうかを調べた。

人のゴールを助ける:

大人が間違ってものを落とすと、14~18か月の乳幼児は、それを拾い大人に返すことをする。とくにご褒美がなくても、人を助けることが分かった。

リソースを共有する:

小さい子供は、食べ物をもらえると、それをみんなで等しく分ける傾向がある。

役立つ情報を教える:

大人がものを探していてると12か月後くらいの乳幼児でも、その場所を知っていると、ありかを大人に教える。

チンパンジーは、仲間を助けることはするが、リソースを共有したり、情報を教えたりはあまりしない。

人間はうまれつき、人を助け、リソースや情報を共有することが分かってきた。

すごい!

私たちは誰でも小さいころがあった。その頃は誰に教えられることなく、人のゴールの手助けをして、リソースを共有し、有益な情報を教えることができていたのだ。

しかし、社会の中で生きていく中で、これらが失われてしまったのかもしれない。

でも社会を変えれば、それを失わずに、そしてさらに育てていくこともできる。これは希望だろう。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Beingジェンダー
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント