出かける時にはユーモアと機嫌のよさをポケットに

これまた、秋田さんの言葉から。

機嫌良くあろうと心がける意味は、自分を「景色」として考えた時に「綺麗な景色」でありたいと願うからなのです。

私の姿はまわりから見た時に「景色」の一部ですよね。世界が美しくあって欲しいのならば、その景色の一部である「自分」から整える。

自分のことを、相手から見た「景色」なんて考えたこと無かった。

でも、景色として考えると、醜い景色よりも綺麗な景色のほうがいい。

サラリーマン社会でもそう。特に上司は、上機嫌な景色を醸し出すことが大事だと思う。

これも、ウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being仕事スキル
    シェアする
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント