オリンピック 勝つ予感 負ける予感

オリンピックを観てて、勝者と敗者を分けるのは何だろうかと考えた。

特に決勝戦で金メダルと銀メダルを争うような世界のトップ選手の間には、両者に絶対的な力の差があるわけではない。どちらが勝ってもおかしくない勝負で、何が勝敗を分けるのか?

勝者は勝利インタビューで「最後まで諦めなかった」と言う。TVを観てる我々も、「そうか、やっぱ最後まで諦めない気持ちが大事なんだ」と何となく思う。

一方、敗者は「力不足でした。。」と肩を落とす。

これって、本当だろうか?

実は目に見えない心の中で、何が起きていたかというと、負けたほうは「ひょっとして負けるかもしれない。もしかしたら勝てないかもしれない」という、予感があったのではないか。

勝ったほうは、諦めなかったという心の前に、「これ勝てるかも知れないぞ。逆転できるかもという予感があったと思う。

「かも」の法則、「予感」のコントロールが大事

オリンピックのアスリートの世界でも、我々凡人のに日常の世界でも、心の中身を自分でコントロールできる。

学校の試験であれ、会社での重要なプレゼンであれ、お客様との商談であれ、下準備をしっかりしたうえであれば、あとは「何とかなる」「うまくいくかも」といい予感をもってチャレンジしてはどうだろう!

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント