ヴァージン・グループ創業者、リチャード・ブランソンの成功の習慣15

ヴァージン・グループ創業者、リチャード・ブランソン氏。彼がビジネスマンとしての道を歩み出したのは、学生時代に中古レコードの販売で成功したときから。

この人の成功の習慣が15あるらしいので、チェックしてみた。参考になった。

その中でも特に「幸せを習慣にする」という言葉が響く。

1 金で成功を測らない

「よくある勘違いに、起業家の成功を測る物差しを金だというものがあります。これは間違いで、またそうあるべきでもありません。私はお金を作りたくてビジネスの世界に入ったのではありません」

2 対面での会話を大切にする

「私たちは皆、よりよい人生を送ることができます。常に携帯電話に釘付けでは、人間関係に大きな影響を与えることになってしまいます」

人と会う時にはスマホは触らないそう。

3 楽しむ

「楽しむことは、成功するベンチャー企業にとってもっとも重要ですが、もっとも過小評価されていることです」

4 外に出る趣味を見つける

「スクリーンの前に一日中座っているよりも、テレビやコンピューターの電源を切って、外に出てみよう! 」

5 夢はデッカく

「夢は大きく持て。素晴らしい冒険につながる機会が示されるだろう」

6 進みながら学ぶ

「知らなくても問題ない。いつだって調べて、知ることができるのだから。自信喪失に陥らないように、チャンスを掴み、前に進むのです」

彼は大学には行ってないし、高校にもろくに通っておらず、中退している。しかし、学ぶことを諦めたわけではない。

7 アイデアは書き留める

「大小関係なく、全てのアイデアを書き留めること」

8 新たな挑戦にも臆さない

「正直にいうと、私の人生において、安全な場所にいてもいいことは起こりませんでした。

挑戦したいと思ったとき、『これはマズった。』と思ったときに、それを乗り越えて反対側の景色が見えたなら…、保証します…、そこでいいことが起こると」

「多くの人が、ビジネスの成功と富が私を幸せにしてくれたと考えています。それは逆で、私は幸せだから成功し、裕福になったのです」

「立ち止まって、呼吸してみてください。健康で、友人や家族と一緒にいましょう。誰かに寄り添い、誰かに寄り添ってもらいましょう。そして、ちょっとでもいいから大胆になりましょう」

10 善行をする

「人々の生活にプラスの変化をもたらさないなら、ビジネスをするべきではありません」

11 己のアイデアを信じる

「自分が自分のアイデアを誇れず、計画も信じられないのであれば、他の人はどうすればいいのでしょう? 」

「夢中になるほど好きなことでなければ、起業なんてしない方がいい」

12 諦めない

「事業を立ち上げるときも、熱気球で世界を飛行するときも、ボートで大海原をかけたときも、諦めたくなるときがありました。でも諦めなかった。」

13 人に任せる

「自分が苦手とする仕事を引き受けてくれる人を見つけられれば、将来の計画を立てるための時間を作れます」

14 チームを大切にする

「スタッフが楽しんでいて、他の人のことを心から気にかけていれば、仕事をより楽しめて、相乗効果でより良い仕事をすることができるのです」

「人のいいところを探し、批判するのではなく褒めるのです」

15 悪いことを言われたら、それが間違っていることを証明する

「成功すると、恩恵にあやかろうと、尻尾にしがみついてくる輩が出てくるのです。あなたができる最善のことは、彼らを無視するだけでなく、あらゆる方法で彼らが間違っていること証明するのです」

個人的には赤部分が響いた。

まだまだ学びは多い。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being仕事スキル
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント