幸せな組織のメンバーは、お互いの「他己紹介」がうまい

これは、ウェルビーイング研究者の石川善樹さんが言ってたこと。

たしかにそう思うし、私も意識している。

他己紹介とは、相手の仕事ぶりや仕事内容のことではなく、その人のことをどれだけ知っているかということ。

例えば「Aさんはですね、札幌の出身で男3人兄弟の末っ子だったんですね。学生時代は陸上部でインターハイにも出たそうなので、とても運動神経もいいんですよ、、きっといたずらしても逃げ足が速かったのかもですね(笑)、、云々」と、相手の人となりをお互いが知ってる組織は幸福感の高い組織。

別に難しいことではなく、小学生の頃だったら「Bくんとこは、おじいちゃんやおばあちゃんも一緒に住んでて、遊びに行くとお菓子くれたりお話ししてくれたり、楽しいんだ、、」みたいな会話は普通にあったと思う。

つまり、相手のことにお互いが関心を持って、それを共有できている組織が良い組織ということ。

こうした心を持って仕事をしたいもの。

これも、ウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being仕事スキル
    シェアする
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント