メール「!」だけで、ウェルビーイング

コロナの影響で対面で会って話す機会が減ったので、仕事上での相手とのコミュニケーションにはより気を遣うことが増えたように思う。

これまでだったら、同じフロアや席の近い人に気軽に顔を見て話せたことができなくなり、電話をかけるほどでもないことや、ビデオ通話をするほどでもないことが増えてストレスに感じてる人は多い気がする。

こうした状況の中で、相手に伝わりやすいコミュニケーションの順番を考えると、話す内容にもよるが、最も良いのは「対面でのコミュニケーション」、次に「電話でのコミュニケーション」、そして最後に「メールでのコミュニケーション」だと思う。

ということは、「メールでのコミュニケーション」が実は最も難しい、ということだと思う。

※勿論、何かを正確に伝達したり記録として残す場合は、口頭よりもメールが良いが。

メールでのコミュニケーションが難しい理由

  • 文字だけなので、書いてある言葉そのまま相手に伝わってしまう。そのため、きつい表現はよりきつく相手に伝わる。(書いた本人がそれほど思っていなくても)
  • メールは文字として残るので、読み手は何度も繰り返して見てしまう。(嫌な表現が書いてあれば、何度も読みかえして嫌な気分になる)
  • SNSでの書き込みも同様。実際に相手が目の前にいたら言えないようなことも、メールだと平気できついことを書いてしまう場合がある。

メール「」の効果

メールでは顔が見えないので、どんな気持ちかを表現するのに便利なのが「絵文字」だが、会社メールでは使いにくい。

そこで、例えばメール文末に「!」を添えることで、感謝とか嬉しい気持ちを表すことができるのではないかと思う。(社内メールの場合)

(例)

  • 「この度は、さっそくご連絡いただきありがとうございました
  • 「資料のご準備をいただき、ありがとうございました
  • 「先日は大変分かりやすい研修を行っていただき、ありがとうございました

ちょっとしたことだけど、「!」は効果あるかも

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being仕事スキル
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント