傍目八目(おかめはちもく)

傍目八目という言葉がある。

これは、「他人の囲碁を傍で見ていると、実際に自分が対局している時よりよく手が読めること」という意味。

つまり、第三者には当事者以上に物事の是非や利・不利が分かること。

自分のことは案外と分からないけど、人のことはよく分かることってあると思う。

他山の石とか、人の振り見て我が身をなおすとかあるけど、自分に対してももう1人の自分が客観的に見れる視点があるといいといつも思う。

これも、ウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being仕事スキル
    シェアする
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント