人間の残虐な部分が出る場合とは何か

スタンフォード大学で行われた心理実験では、人が疑いもなく「自分は相手より上」と考えたとき、人間の残虐な部分が表出するという結果が出ているそうだ。

これは、極めて重要なデータだと思う。

何故なら、この隠された人間の心こそが「イジメ」「パワハラ」を生み出すからだ。

さらに、以前にもこのブログで書いたが、日本には特有のイジメ構造がある

欧米のいじめでは、「強い者が弱い者を攻撃する二層構造」が多いのに対し、日本では「いじめる人、いじめられる人、はやし立てる人、無関心な傍観者」という4種類の人で構成される「四層構造」がほとんど。

四層構造では強者からの攻撃に加え、観衆や傍観者からの無視や仲間はずれといった、集団内の人間関係からの除外を図るいじめが多発する。

いわば「集団による個の排除」です。その結果、被害者は孤立し、「自分が悪いのでは?」と自分を責める傾向が強まっていきます。

これは、「子どものいじめ」研究の中で確認されたものですが、いつも子ども社会は大人社会の縮図だ。

「イジメ」「パワハラ」を無くすには

もしパワハラらしき行為が見えたら、「あの……若い社員の間でパワハラじゃないかって噂が……」と“上”に警告し、「我慢しないで相談センターに相談したほうがいい」と“下”にアドバイスすること。

そして、もし自分が被害者になったら「逃げる」こと。勇気を出して。

パワハラをするような愚かな上司のせいで、人生壊されてたまるもんか。たかが「仕事」だ。

私は昔たかが仕事と思えなかったが、今思えばたかが仕事なのだ、そう思うことが人生を守る。

これも、ウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being仕事スキル
    シェアする
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント