「人は伝え方が9割」の意味とは

この本が売れてるらしい。

テレビで著者が解説してたことは、プレゼンのテクニック的なことではなく、人間を知ることがまず大事ということ。

このブログで何度か書いたが、結局のところ全ての根本は人間を知ることに尽きると思う。

で、この本のポイントは3つだという。

1、「人は自分のことに最も興味がある」

例えば大勢で集合写真を撮っても、まず最初に見つけるのは自分の顔だろう。目をつぶってないか?よく撮れてるか?など真っ先に自分のことが気になる。てことは、他人も同様。だからこそ、相手の関心事にこちらが関心を持つことが大事。ダメなのは、こちらの関心事を相手に一方的に話すこと。これでは相手に聞いても、えない。

2、「人は自分のことを分かって欲しい。認められたいと強く思っている」

相手が自分と違う意見であっても、最初からそれを否定せずに、まずは理解しようとする姿勢が大事。理解することと同意することとは別。

3、「人は自分に関心をもってくれる人に好意を持つ」

そりゃそーだ。自分のことを否定する人に好意を持つわけない。

つまり、整理すると、相手に何かを伝えたいのであれば、こちらが伝えたいという切羽詰まった気持ちを抑えて、まずは相手が何を考えてるのかを想像して、気持ちの中で相手に寄り添うマインドセットが大事ということ。

一言で言うと、For Others。

これも、ウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    シェアする
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント