だらだらせず、区切りをつける

仕事でもスポーツでも、何かを目指してやっているけれど、いつの間にかだらだらと継続していることはないだろうか。

限られた時間の中で、どこかで「締め切り」と言うか「区切り」を自分で設定しないと、次のステップに進めないのではないか。

例えば、プロ野球選手やプロサッカー選手は、サラリーマンと違って引退(定年)の年齢が早い。なので、競技を辞めたあとに何をするかを若くして考えておかないと、引退後の有り余る時間をどう過ごしてよいか分からなくなる。

サラリーマンも同様で、気が付けばあっという間に定年を迎え、その後どうしようか?という人がほとんどではないだろうか。

「●●年までに、□□の資格がとれなかったら辞める(→次に進む)」とか、
「●●年時点で、これができていなかったら終わりにする(→次に進む)」のようなマイルールをあらかじめ作っておくことが、限られた人生では大事なことだと思う。

人に宣言しても良いし、自分と約束するだけでも良い。

結局のところ、何かを辞めて良かったか悪かったかという判断は、人生の終盤になって決まるものだろう。

私は、定年後は人に仕えるサラリーマン生活は辞める、ことだけはハッキリさせておきたい。→次に進む。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being仕事スキル
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント