「することモード」から「あることモード」へ

何かしなければ、何もできてない、などなど焦ることはないだろうか。

特に、うつ病の人は「自分が成し遂げたもの=自分の価値」と考えがちであることが知られているそうだ。

そうなると、ちょっとうつ状態が強くなり、その分仕事の能率が少し落ちただけでも「あーやっぱり俺はダメだ」と考えてしまいがち。

ではどうすればいいか。

それは、少し走り続けることをやめて、今やっていることから距離をとって、淡々とそれを眺めて観察するモードでいること。まるで川辺で川の流れをぼーっと見ている感覚。

少しズームバックしてみることが大事。

赤ちゃんは、ただただそこにいるだけで、周りの人を幸せにしてくれる。

好きな人がいれば、ただただそばにいてくれるだけで、幸せになる。

「あることモード」に時々スイッチを切り替えてもいいと思う。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント