「人は写真を見るとき、真っ先に自分の顔を探す」

人間を知ることは、人との良い関係を築くうえで重要なこと。

確かに、学校の集合写真や様々なスナップショットでも、真っ先に探すのは自分の顔だろう。

つまり、人間は自分自身のことに一番興味があるってこと。

言い方を変えれば、相手に喜んでもらうためには、相手が関心を持っていることに、こちらが関心を示すことだと思う。

そして、相手に喜んでもらえれば、相手からも好かれるだろうし、信用もされるだろう。

そうすれば、結果として自分の伝えたいことを相手に伝えられるはず。

誰もかれもが自分のことしか興味持ってないので、つい自分のことばかり話したがるけれども、そこはちょっと控えて、相手の話しに耳を傾けてみてはどうだろうか。急がば回れ。

これ、自分に対して言ってることだけど、、

写真の例えを思い出すこと。そうすればハッピーかも。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント

    1. ゆかりん より:

      自分のことを話したい気持ちを抑えるのは、なかなか難しいですね。