大迫傑

オリンピックで最も楽しみにしていたのが、男子マラソン。

ケニヤのキプチョゲも出るし、大迫選手がどんなレースをするのかも楽しみだった。

大迫選手の気持ちの入ったレースに心動かされた。

大迫選手が出ていたNHK「仕事の流儀」を見た。彼がオリンピックマラソン直後のインタビューで「まっすぐに歩んできた」ということを口にしていたが、その意味が改めて分かった気がした。

中学時代の先生とのエピソードが彼の考え方の原点であったようだ。物事を自分で考えるということ。そこから彼の挑戦が始まった。

「何か一歩踏み出すことにより、あえて自分に絶望を作るっていうのが、一つ成長するのかなと思います」

「プロフェッショナルとは、新しい成功の形を探す愚か者」

大迫選手には、幸せの因子「やってみよう」がしっかりと根付いているし、実践している。

勇気をもって、自分の道は自分で切り開いていこう。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Beingランニング
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント