先のことを考えて生きるとは?

よく、親が子どもに将来のことを考えなさいと言う。

よく、上司が部下に将来のことを考えなさいと言う。

では、先のこと、将来のことの究極は何か?

それは、死だろう。

つまり、先のことを考えて生きるとは、死を考えて生きること。

これはネガティブな意味ではなく、死を意識することで、生きている今が鮮やかになるからだ。今を大事にするからだ。

どうせ死ぬのなら、幸せに生きたほうが得ではないか。

死ぬことを考えることが、今を輝かせることかも知れない。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント