女性がひどく差別される日本なのに、なぜ女性は幸せ?

日本はユニークな国なんだろう。

調査によると、日本は世界的に女性差別がひどい国なのに、日本女性は幸福に感じているようだ。

●ジェンダーギャップ指数は、156カ国中120位(女性は、差別を受けている)
●ジェンダー不平等指数は、世界162ヶ国で24位(女性は、不公平と思ってるとは言えない)

しかも、日本では「女性の幸福度が男性を上回り続けている、、」らしい。

普通に考えて、差別を受けてたら女性は幸福に思うはずがないのだが。。

(理由・仮説)妻が財布のひもを握っているから

日本は世界的に見て異質で、夫が収入をすべて家計に入れ、その家計は妻が一括して管理するパターンが多いからかも知れない。(なんと、35ヶ国中トップ)

「夫が稼いで妻が消費する」と言われる通り、昼間のデパートに男性はほとんどいないし、夫が仕事先でワンコインランチを食べている間、妻は友人とホテルランチという話もよく聞く。

また、「小遣いが少ない」という愚痴も、夫側からはよく聞くが、妻側からはあまり聞かない。

妻にとっては、「主婦」の位置を確保しつつ財布の紐をにぎることが居心地のいい環境につながっている可能性はあるのかも知れない。

もちろん、こうした家庭ばかりではないので、この仮説に異論・反論はあるだろうが、冒頭のアンケート結果を見て、こうしたことも何か要因があるのではないかと思った。

いずれにせよ、男性・女性問わず幸福であれば、それは良いこと。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Beingジェンダー
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント