攻撃的な「YOUメッセージ」・気持ちを伝える「Iメッセージ」

言い方ひとつで印象は大きく変わるもの。

会社に入って5年目くらいの頃、ある講演会でこの言葉を知って今でも会話で意識している。

YOUメッセージとは、
「あなたが、○○するべきよ」「なぜ、あなたは○○しないの」とか、あなたが主語になったメッセージのこと。

Iメッセージとは、
「○○してくれると、私は嬉しい」「○○されると、私は悲しい」と、私を主語にしたメッセージ。

実際に言われる立場からすると、受け止める印象は随分違うのではないだろうか?

よく、お母さんが小さな子供に「何で○○ちゃんは後片付けできないの」みたいなヒステリックな言い方でいくら注意しても、子供の行動は本質的に変わらない。

むしろ、「ちゃんと後片付けしてくれて、お母さんはとっても助かったわ。ありがとう」と言ったほうが、子供は意気に感じてもっとお手伝いしようというもの。

これ、職場でも夫婦でも同じこと。

意識して、Iメッセージを使ってみよう。
意識して、YOUメッセージを控えてみよう。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント