結婚を幸せにする7分の演習

結婚すると幸せになるのか?

結婚当初は幸せだけれども、その後、幸せは落ちていくことが知られている。何も結婚に限らず、どんな人間関係でも何かしら意識して努力しないと関係は続かないだろう。

では、どんな努力が必要なのか?

(スタンフォード大学の研究結果)シカゴに住む夫婦120組を2年調査した。

予想通り1年後の結婚の質は低下。2年目に、次の7分の演習を3回行ってもらったところ、結婚の質は下がらず、横ばいとなった。2年目に、この演習をやらなかった夫婦の結婚の質は、下がり続けた。

(7分の演習とは)
①パートナーと行き違いや対立があった出来事を思い出してください。うまくいくようにと思ってくれている第三者の視点で、この出来事を振り返ってみてください。第三者の視点をもつこの人は、行き違いをどうみますか?この不一致からいいことが生まれるとしたら何でしょうか?(3分)

②第三者の視点は役に立ちますが、多くの人がこの視点に立つのを難しく感じます。とくに、相手と不一致がある最中に、あなたがこの視点にたつ難しさは何でしょうか?(2分)

③難しかったとしても、人は第三者の視点にたつことができます。次の4か月間、ベストを尽くしてください。どのようにすればうまく行うことができると思いますか。この視点があなたのどんな助けになりますか?(2分)この7分の演習を3回行った夫婦は、行わなかった夫婦に比べて、2年後に幸せになっていた。

パートナーから批判されると、それを批判で返す。批判合戦に陥り、これがエスカレートし、夫婦の仲が悪くなる。この負の連鎖を止めるのが7分の演習 というもの。

7分×3回=21分だから、コスパ的にもお得な演習かもしれない。

ポイントは、対立のさなかに、「思いやりをもった中立の視点」をとれるかだ。また、中立だけでなく、そこに思いやりをのせること。

この視点を育てることができれば、夫婦に限らず、家族、組織、さらには社会が平和になるだろう。ロシアとウクライナの戦争も早く終わって欲しい。。

視点を変えること。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント