映画「愛でいけるやん」 ある運送会社の取組み

大坂にある宮田運輸のドキュメンタリー「愛でいけるやん」を観た。

以前、この会社では、社員が交通事故を引き起こし、相手方の43歳男性が死亡するという痛ましい出来事があった。

宮田運送4代目の宮田社長は、遺族にお見舞いに行ったときに、被害者男性の父親からこう言われたそうだ。

「残念な事故が起きてしまったが、(亡くなった)息子には小学校3年生の子供がいることだけは忘れんといてくれ」と。

そこから、この宮田社長のドキュメンタリーが始まる。

トラックにこどもの絵をラッピング

トラックを運転する長距離ドライバーの仕事は、肉体的にも精神的にも過酷だ。

安全運転で仕事をして、無事に家族のもとへ帰りたい。もう二度と交通事故は起こしたくない。

そんな気持ちを込めて、こどもが書いた絵をトラックにラッピングする取り組みを始めた。運転するドライバーだけでなく、そのトラックを見る他のドライバーも優しい気持ちになり、事故は減少し、離職率も減ったとのこと。

こんなトラックが前を走ってたら、「お父ちゃん、頑張れ!」ってなるよね。

「人の良心を信じる」と、宮田社長は語る。だから「愛でいけるやん」という言葉が出てきたんだと思う。

こどもの絵ってすごい!

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being仕事スキル
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント