言葉 を節約する

これは、スマナサーラ長老の言葉。確かにと思う。口は災いのもと。。

しゃべり過ぎは危険です。

我々はいいことも悪いことも、言ってはいけないことも、しゃべってしまいますが、言葉だけはリコールできません。
ですから、いつでも良い言葉を発信しなくてはいけないのです。

自分が一方的にしゃべりまくるよりは、人の話しを聞いて理解したほうがベターです。とは言っても他人の話しも無駄話が多いのです。ですから、有意義な言葉だけを受け取ることです。

言葉を節約する人は役に立つ言葉しかしゃべりません。それも短くしゃべるので、相手にも理解しやすいのです。自分の頭も良くなります。

言葉を節約する人は、悪行為から守られます。失敗なく生きられます。人々はその人のことを信頼します。

言葉を節約する人こそが、「今日は充実した一日でそた」と言える人になるのです。

「言葉を節約する」という表現が心に響く。

普段、いかに無駄話が多いかを反省する。

今年は言葉の使い方に気をつけて、関わる人たちともっと良い関係を築けたらいいと思う。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント