見とるぞ

みうらじゅんさんが、松本清張の大ファンでこんなイラストを描いている。

松本清張の本はたいてい因果応報の話しが多い。人間の心の闇を描いている。人間の心の弱いところ、醜いところ、欲深いところ、邪悪なところなどなど。

松本清張の時代背景は戦争直後の昭和を舞台にしているが、人の心はそれほど変わっていないので、今でも当てはまる。

心の底にしまってある闇を見つめ、光に照らすことで、闇を昇華できるのかも知れない。

これも、ウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    シェアする
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント