自分のことについて話すと幸せ

やっぱり。みんな自分のことを話したいんだ。

人は、自分のことについて話すと、幸せを感じるってことを、脳科学的に見てみた研究があった。
自分について話すことや、内省することは、中脳辺縁系ドーパミン系の一部である、側坐核(NAcc)と腹側被蓋野(VTA)が活性化するみたい。難しそうなことは置いといて、科学的な研究結果。

ドーパミン系なので、幸せになって、効率良く処理ができて、意欲がわいてきて、ポジティブにもなっていく。

なので、会社でも、学校でも、家庭でも、みんなが自分について語る時間を取るのって大事だなぁ
逆に言うと、相手の話しをよく聴いてあげれば、相手は幸せになるってこと。
聴くことはやっぱり、大事なこと。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント