脳の価値

これもユダヤジョーク。

医学は進歩した。脳髄の移植手術ができるようになたのだ。

そして、脳髄を売る専門店までできた。一人の男がこの店に入ってきて、どのような脳髄をそろえているか尋ねた。

「これは、アメリカの有名な大学教授で、物理学で惜しくもノーベル賞を逃した人の脳髄です、、」

「いくらなんだい?」

「900ドルでございます。いかがでしょうか?」

「ノーベル賞を取り損ねたのだって?」

客は、ちょっと不満な顔をした。

「では、この有名なビジネスマンの脳髄はいかがでしょう?彼はウォール街の成功者です。死んだときの新聞の切り抜きをお見せしましょうか?700ドルです、、」

しかし、客は満足しないようなので、あわてて、もう一つの脳髄を取りだした。

「これは、エジプト将軍の脳髄です。9,000ドルです」

「9,000ドルだって?」

男は驚いた。

「ほかに比べると、バカに高いじゃないか?」

「しかし、これは一度も使われておりませんから」

ジョークやユーモア、笑い、は人間にとって潤滑油のようなもの。日本にも昔から風刺があったりする。

複雑でややこしい世の中を笑ってしまうことは、知的で豊かな行為だと思う。ジョークの世界を研究するのもいいかも。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント