沈没船ジョーク

各国の国民性を表現した「沈没船ジョーク」、果たして、日本人の国民性は「みんなと一緒が好き」なのか?

世界各国の人々が乗った豪華客船が沈没しかかっています。
しかし、乗客の数に比べて、脱出ボートの数は足りません。したがって、その船の船長は、乗客を海に飛び込ませようとしますが…さて、船長が各国の人を飛び込ませるために放った言葉とは何でしょう?

アメリカ人に対して・・・「飛び込めばヒーローですよ」

ロシア人に対して・・・「海にウォッカのビンが流れていますよ」

イタリア人に対して・・・「海で美女が泳いでいますよ」

フランス人に対して・・・「決して海には飛び込まないでください」

イギリス人に対して・・・「紳士なら海に飛び込めますね」

ドイツ人に対して・・・「規則ですので海に飛び込んでください」

日本人に対して・・・「みなさんはもう飛び込みましたよ」

日本人は本当に「みんなと一緒が好き」なんだろうか?

こんな調査があった。

これは、「みんなと一緒に行動したい」というより「自分ひとりだけ異質な存在とみなされると、自分にとって得にならない」という考えによるもの。

KYだと非難されるので、空気を読んで行動するみたいな。忖度も同様な感じだと思うし、日本人はこうした同調圧力というかそんな空気を気にしている人が多い気がする。

また、見知っている仲間同士の中では礼儀正しく振舞っていても、見知らぬ人に対して横柄な態度をとる人もいる。「旅の恥はかき捨て」といわれるように。

人間ってやっぱり、複雑な生き物だと思うし、だからこそ面白い。

こうした傾向を知って、人と接することも大事だと思う。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント