木綿のハンカチーフから学ぶこと

昭和歌謡の名曲。太田裕美の「木綿のハンカチーフ」

この曲はメロディもいいが、歌詞も考えさせられる。

男性と女性では、受け取り方が違うのかも知れないが、私からすれば、「こんなに自分のことを想ってくれて感謝。彼は彼女のことをもっと大事にすべき」と思う。

一方、この歌詞をよーく見ると、彼女は男性からの提案に対して、最初に必ず「いいえ」で返している。

営業目線で言うと、まず「YES」と相手の主張を受け入れてから、「BUT」で意見を言ったほうが相手は受け入れやすい。とも言える。

なので、「いいえ」ばかり言う彼女は、残念ながら振られてしまったのではないか、という見方もできる。

ちょっとした言葉遣いが、人間関係を大きく左右するかもしれない。

昭和歌謡から学ぶことは多い。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント