怒るでも、我慢するでもなく、伝える

言い方ひとつで、相手を怒らせてしまったり、言わないことで自分がストレスを抱え込んでしまったり。そういうことは良くあるのではないか。

怒るでも、我慢するでもなく、相手の主張を受け入れながら自分の意見を主張するコミュニケーションが大事。

そのポイントは相手を尊重しながらも、自分の伝えたいことはきちんと伝えること。

例えば、あるアメリカの教授は仕事の依頼を断わる時も、「とても大切な仕事だけど、こういう理由でどうしてもできない。皆さんは優秀だから、私がいなくても成功すると確信しているよ」と言う。一見褒められたようで気分が良いけれど、よく考えたら断っている。

また、クレーマーへの対応でも、「申し訳ありません。こちらが当社のポリシーですが、ご覧いただけましたでしょうか?」と言っても「読むわけがないだろう」と相手を逆撫でする可能性があるけれど、「私たちはお客さまのためにこうしたいと思っていました。それが伝わらないやり方となってしまい、申し訳ありません」など、相手への尊重をベースにしていれば、言いたいことは伝えられます。

これは、意識して訓練すればできるようになる。

こうしたコミュニケーションでストレスなく、お互い気持ちの良い関係を築きたいもの。

これも、ウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being仕事スキル
    シェアする
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント