リーダーに登用される3つの最低条件

これを意識して仕事をすれば、会社でなくとも、どこでもリーダーに任命される(と思う。経験上)

① その業務に関する知識・スキルがあること(当然のこと、まず認められる実力をつける)

② リーダーになりたい意欲があり、それを上司に伝えていること(ここ意外と盲点、リーダーをやりたくない人にリーダーを任せられないから、多くの人は意外とその点をPRしていないかも)

③ いい意味での自己犠牲ができること(コピー用紙が無くなったらセットするとか、自分の仕事でなくても仲間をサポートするとか、会社の事情も理解して協力すべきことは懐深く協力する、とか)

ここで、①だけで認められると思ったらま、間違いだ。

ここ、若いうちに理解しておくといいと思う。

何故なら、自分も、仲間も、会社も幸せになるから。

これも、ウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being仕事スキル
    シェアする
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント