TV「ケンミンショー」を観て

ケンミンショーというTV番組がある。

各都道府県の出身芸能人が地元グルメや文化を紹介する番組だ。

こういうコンセプトはよくあるが、ふと思ったことは同じ日本でも、こんなに文化が違いがあるってことだ。

よく外国人は「日本人は礼儀正しくて、優しい」とか「マナーが良い」とか、日本というくくりでざっくりしたコメントを聞くが、日本を細分化すると更に細かな違いがある。日本という大まかなくくりでは表現できない。

ケンミンではなく、市町村単位であっても違いはある。

先日の番組では「京都人」がテーマだったが、京都に住んでたことがあるから分かるのだが、京都の中でも様々な違いがあるし、「京都人」とひとくくりにはできない。

では、どこまで細分化できるのだろう?

同じ区民でも、違いはある。同じ村でも違いはある。

なので、何でもステレオタイプに簡単に「あそこは、あーだ、こーだ」と論じることは正しくない。

これは、一人の人間にも当てはまるのではないか。

「あの人はこういう人だ」とか「この人はこういう性格だ」とか、も正しくない。

人は何事もどこかで線を引いてカテゴリー分けしたい生き物なのかも知れない。そのほうがスッキリするし。

でも、本当はどこまでいっても分けられないのかも知れない。

まるで、量子理論のようだ。

なので、先入観や固定観念を持たないで、広い目線でぼんやり見ることも大事なのではと思う。

これも、ウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Beingジェンダー
    シェアする
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント