先入観は罪、固定観念は悪

これは、野村監督の言葉。

選手に対しても、会社の仲間に対しても全く同じだと思う。

例えば、今の部署で評価されていない人でも、その人の適性にあった部署に異動になれば、見違えるように活躍することがある。

なので、特に監督や管理者はこの言葉をかみしめておいたほうがいいと思う。

確か野村監督は「野村再生工場」とも言われてたようだ。

なので、人に対する先入観や固定観念というのは、監督や管理者が人を知ろうとする努力を放棄する怠慢以外の何物でもない。

これは、親が子どに対する見方も同様。

まさに「先入観は罪、固定観念は悪」だ。

人をよく知ること。

これも、ウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Beingジェンダー
    シェアする
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント