後輩に教える仕事をしたい人が溢れてる、、残念

人事の仕事をしてて思うのは、ある程度のシニアな年齢になった社員のほとんどが異口同音に「これからは、後輩を育成する仕事をしたい」と言う。

こういうことを言うと、純粋な彼らには大変失礼だとは思うが、全くナンセンスだ。

そもそも、会社も日本も人口ピラミッドでは、若手よりもシニアな方が多い逆ピラミッド社会だ。

なので、後輩さんたちよりも、先輩たちのほうが多い。なので、先輩が後輩を教える人数構成になっていないこと。

それと、DXやpcスキルや新しいデバイスが使えないのに、何を教えられるのだろう?という人がほとんど。

また、シニア社員よりも若手社員のほうがはるかに勉強している。英語、資格取得、大学院などなど。

一方、シニア社員で自己啓発してる人はほとんど聞かない。

何が言いたいかと言うと、後輩を育成するなどというおこがましいことを言う前に、後輩から学ぶことのほうがはるかに役立つってこと

過去にしがみついてるシニアからは学ぶことはほとんどない。(少しはあっても)

少々辛口だけど、人事の現場にいると心からそう思う。

若手社員から学びたい

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント