人は実績ではなく、性格によって評価される

「色の白いは七難隠す」というが、これも人の世の真理かも知れない。

つまり、理屈ではないということ。人間の欠点が覆い隠されて、世の中の人から好感を得ることができる性格は何か??

それは、「可愛げ」である。

会社でもそう。「実力はBさんよりAさんのほうが少し上かもしれないけど、Bさんのほうが周りからの評判もいいし、一緒に働きたいんだよね」とか、「あいつは時々ミスもするけど、なんか憎めないところがあるんだよね」とか、そんな評判で評価されることもあることは事実。

つまり、人は実績に基づいて評価されるのではなく、性格によって評価されるということも理解しておくことが大事。

人事評価ではもちろん、公平かつ客観的な視点は必要だけれども、同じようなレベルの2人がいたら、どっちを選ぶだろうか?

それは、「可愛げ」のある人ではないだろうか。見た目ではなく、性格的な可愛げのこと。

だって、生きてる限り、どこに行っても「人の世」だから。

また、性格でいうと「可愛げ」の次に評判がいいのは「律儀」であることだと思う。

だからこそ、人を知るってことは最重要なことなんだと思う。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being仕事スキル
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント