登山には成長の喜びがあり、下山には成熟の喜びがある

作家の五木寛之さんの言葉。

以前ブログで、山登り的な人生観と川下り的な人生観ということを書いた。五木さんも同じような考え方を持っているようだ。幸福の形も様々。年齢も様々。考え方も様々。いろんな捉え方があっていいし、人それぞれ。これからますます高齢化の世の中。こうした考え方も大事。

イケイケどんどん、もいいが、ゆっくりと幸せを噛みしめるのもいい。

(五木さん)
100歳人生。未知の領域への不安も迫っている。私は「下山」についてずっと考えてきた。山を登るときは後ろを振り返る余裕もなく、ひたすら山頂を目指す。下山の道のりは思索と回想の時だ。周囲をゆっくりと眺めながら。

 登山には成長の喜びがあり、下山には成熟の喜びがある。私自身も80歳くらいから行動範囲が狭まったが、身近なことに幸福を見いだせるようになった。下山のプロセスをマイナスに捉えるのは間違っている。

これも、ウェルビーイング!

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント