いい人の集まりが少し苦手

ウェルビーイング大学で授業やクラス活動とか様々行っているが、普段会社や日常で会わないようないい人ばかりが集まっている。(ひょっとして自分もそう思われてるのか、、)

悪い人よりも良い人のほうがいいはずなのに、なぜか少し苦手な自分がいる。

誰が何を言ってもいつもニコニコしてうんうん頷き、みんな優しいのだ。

私は心の中で多少の苛立ちや、そんなはずないだろうという突っ込みがいつもあるけれど、周りがいい人ばかりなので、やや窮屈で少し苦手なのだ。

先日60分の授業で、ある女性がクラシック音楽についてとうとうと発表し、60分の時間のうち50分を費やしたことがあった。本来であれば30分程度で発表を終えて、次のアジェンダをしなければならなかったのに。

でも、発表後の周りの反応は「クラシックのことがよく分かってとっても良かった」とか「もっと聞きたかった」とか。はぁ?という感じのリアクションだった。かくいう私は何もコメントしなかったので、人のことをとやかく言う資格はないが、周りが優しいことをいいことに、独りよがりな人間を許容する空気がいい人の集まりにはある。

私は、いい人ばかりの集団は苦手なのだろう。

いい人を非難するつもりは毛頭ない。

私にとって居心地の良い場所に身を置こうと思う。

これも、ウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    シェアする
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント