バルミューダは幸せか?

パンが好きで、毎朝食パンを焼くときは、魚を焼くコンロで焼いている。

魚を焼くコンロで焼くのはにおいがつくのでどうか?と思う人もいるかもしれないが、コンロは高温で焼く場所なので臭いは全く残っていないし、全く問題はない。

ただ、パン好きの自分としては、以前より「バルミューダ」というトースターが美味しいと評判であり、ずーっと気になっていた。

そして、とうとう実家の母がバルミューダを買ったとのことで、それで焼いた食パンを食べてみた!

一口食べて「うまっ!」という感想。外はサクッと、中はふわっと。ごく普通の食パンがこんなに美味しくなるのか。これはいい。少々高いが思い切って買おうかな?と思いだした。

母に、「お母さん、このバルミューダーで食パン焼くと美味しいね。これ買おうかな?」と話しかけると、次に衝撃的な一言が返ってきた!!

「人間て不思議なもので、毎日これでパン焼いて食べてると、今は何も感動せーへんわ、、」

思わず耳を疑ったが、改めてその言葉をかみしめてみた。

「待てよ、バルミューダは確かに高い買い物だ。だけど、使ったら満足し幸せになるに違いない。」と考えていたが、毎日使っている母は満足していない。今、バルミューダは母を幸せにしていないのではないか。

ということは、自分が買ってもすぐに慣れてしまって、満足感はすぐ消えてしまうのではないか。

だんだん、バルミューダへの気持ちが薄れていくのであった。。。

母は、人間の幸せは何かということを、バルミューダを通じて教えてくれたのかも知れない。

幸せになるための母の教え(勝手な解釈)

●人間は環境にすぐ慣れてしまう生き物

●幸せの敵は「慣れ」

●だから、日々新しいことにチャレンジすることが大事

バルミューダから学んだ、ウェルビーイングの秘訣。

yasu

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント