“Being in a good mood is like wearing the best clothes you can wear.”

Isn’t it more fun and cool to be around people in a good mood than those who are dressed in fashionable brand clothes, wearing wigs, false eyelashes, or manicured nails? In his book “The Conquest of Happiness,” Allan states, “I am definitely bringing cheerfulness as my first duty,” and says, “Being unhappy is not only a result but also a cause.” When you’re in a bad mood, it gets worse, and everything becomes gloomy.

Showing a grumpy attitude happens when expressing unpleasant emotions directly, and it’s a bit childish.

Young children may directly express their feelings when they are not amused, or make an irritated face when they are irritated.

However, if an adult behaves like that in the workplace, they may not be considered a true professional. This seems to be more common among middle-aged and older employees than younger ones, probably due to their position.

Let’s be in a good mood. However, it doesn’t come naturally. It’s about becoming a person who can control their own emotions.

「機嫌がいいということは、自分が着られる最高の服を着ているようなものです」 おしゃれなブランドの服を着たり、かつらをかぶったり、つけまつげをつけたり、マニキュアをしたりするよりも、機嫌のいい人の方が楽しくてかっこいいですよね!アランは著書「幸福の征服」の中で、「私は間違いなく陽気さを第一の義務として持ち込んでいる」と述べ、「不幸であることは結果であるだけでなく、原因でもある」と述べています。機嫌が悪いと、さらに機嫌が悪くなり、すべてが憂鬱になります。 不機嫌な態度を示すのは、不快な感情を直接表現するときに起こり、それはちょっと子供っぽいです。 幼い子供であれば、面白くないときは自分の気持ちを直接表現したり、イライラするとイライラした顔をしたりすることがあります。 しかし、大人が職場でそのような振る舞いをしたら、真のプロフェッショナルとは見なされないかもしれません。これは、若い社員よりも中高年社員に多く見られるようですが、これはおそらくその立場によるものでしょう。 良い気分でいましょう。しかし、それは自然に身につくものではありません。それは、自分の感情をコントロールできる人になることです。

これも、ウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being仕事スキル
    シェアする
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント