駅伝で失速

先日の全国大学駅伝。

青学を応援してたが、二区のランナーが失速したこともあり、全体3位だった。

箱根駅伝も高校野球もチームプレーなので、誰かがミスする時もある。

ミスした選手は申し訳ない、迷惑をかけてしまった、自分のせいで負けた、とネガティブな感情まみれになっているだろう。

そんな状況の時、監督や指導者、また周りのメンバーは、ミスした選手に対してどんなフォローをするのだろう。

ドンマイ。気にするなと言ったほうが良いのか。でも、ミスした原因を一緒に考えて、次につなげるのか。

人間にはミスはつきものだ。そんな時に大事なことは、当事者への心のケアとともに、次にミスしないことを組織として考えることだろう。

誰も最初からミスするつもりはない。

結果を責めず、次に繋げていこう。

これも、ウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Beingランニング
    シェアする
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント