美しさ

哲学は「真・善・美」の3つに分類されるという。

「真や善」は理屈で考えるので左脳の働きだ。

一方、「美」は頭ではなく心ので感じることなので、右脳の働きだ。

現代社会は何でも理屈で考えようとする傾向が強いのではないか。

理屈だけが全てならば、人間に右脳は必要ない。でもそれがあると言うことは、意味があるはずだ。

美しさを感じることで、人は幸せで安心安全を得られる。

例えば五感。

視覚は、景色がきれいだ。あの人はきれいだ。と感じることで幸せで安心する。

聴覚は、美しい音楽だ。きれいな音だと感じることで幸せでリラックスする。

味覚は、美味しいという感覚で幸せになる。逆に腐った食べ物は不味く身の危険を感じる。

嗅覚は、いい香りだと感じることで幸せな気持ちになる。逆に変な臭いは危険と感じる。

触覚は、柔らかな手触りの服は気持ちいいと感じて幸せな気持ちになる。

このように、人間の幸せには「美しさ」が必要不可欠だと思う。

理屈ばかりでなく、左脳を静かにさせて、右脳だけで美しさを感じることは大事。

これも、ウェルビーイング!

昭和~令和までサラリーマンやってます。心がフッと軽くなる考え方や、元気に生きて行こうという気持ちになるブログを目指してます。誰かのために、もっとWell Being(幸福)な世の中のために!

yasuをフォローする
    Well Being
    yasuをフォローする
    ウェルビーイング

    コメント